ミッション(mission)とビジョン(vision)とバリュー(value)の違いと定義づけ

企業戦略を描く場合や、会社としての姿勢・行動を見直したり、組織課題を解決する際に
考えるべき視点として使われるのが、「ミッション」と「ビジョン」と「バリュー」という言葉です。
この3つの言葉には様々な表現の仕方があります。また、その定義も様々です。
 
例えば、このように訳されていることが多いと思います。
 
ミッション ⇒ 使命、目的、役割、存在意義など
ビジョン ⇒ 目標、夢、志、方向性など
バリュー ⇒ 価値観、あり方、姿勢など
 
このように様々な定義があるために、企業や人によって、独自の解釈で決められています。
 
マネジメント研修や事業戦略研修では、もっとわかりやすく区別するために
「社会」と「組織」
「WILL(意思)」と「MUST(義務)」
という2つの軸で4つの領域(マトリクス)に分けて考えるようにしています。
 
その組織や人が
①「実現したいこと」=「社会」×「WILL」 (社会に対してこうしたいという目的)
②「なりたい姿」 =「組織」×「WILL」   (組織としてこうなりたいという状態)
③「あるべき姿」 =「組織」×「MUST」  (組織としてこうあるべきという姿勢)
④「やるべきこと」=「社会」×「MUST」 (社会に対してやらなければならない活動)
 
と分けるとするならば、
 
①ミッション
②ビジョン
③バリュー
④事業内容
と言い換えることができます。
 
組織の現状と未来像を十分に分析、整理して、言葉化することが大切です。
自社のミッション、ビジョン、バリューを考えるときの参考にしてください。

Posted in 研修 and tagged , .